令和2年度あかね会活動の自粛について

20200708

 

 

南多摩同窓会あかね会 会長 小林 幹彦

 

拝啓
 新型コロナウィルスの感染拡大が危惧されていますが、あかね会会員の皆様にはご健勝にお過ごしのことと存じます。
 さて、本年4月に発行しました会報「みなみたま」第11号において、「同窓会の活動に一緒に参加してみませんか」(24頁)と呼びかけましたが、記事の一部に変更が生じましたので、謹んでお知らせします。

 まず、◆高尾山納涼会(8/22(土))では、「暑い夏に高尾山薬王院の客殿で、精進料理を食べて夏ばてを解消しませんか。参加費 5,000円(予定)」としましたが、

 「高尾山納涼会」はケーブルカー乗車、会食が「三つの密」になることなどから実施を見送り、それに代えて市内ホテルでの納涼会を検討しましたが、会食自体が「三つの密」になることなどから、本年は納涼会を中止することにしました。

 また、◆母校文化祭「南魂祭」(9/5(土)・6(日)では、「卒業して離れていた母校を訪れてみませんか。南多摩同窓会「あかね会」のブースで卒業生の皆様をお待ちしています」としましたが、

 母校の「南魂祭」の参加は、学校が分散登校を実施しており「文化祭、体育祭等は三密となる可能性が高い」ので中止するとの連絡があり、参加を見送ることととしました。
 中等教育学校卒業生による「あかね屋」の売店運営も、見送ることとなりました。

 あかね会活動も、こうした状況下では暫くお休みさせて頂き、11月に役員会を開催し、その時点で可能であれば来年1月23日(土)頃に、あかね会新年会を開催したいと考えています。
 暫くは、あかね会の活動を自粛させていただきたいと考えています。

 
梅雨のあと暑い夏を迎えますが、皆様には熱中症などにご留意頂き、ご健勝に過ごされますようお祈りします。
                                                                     敬具

   
昨年の納涼会参加者(高尾山薬王院)
 
昨年の南魂祭でのバッタ作製教室
 

 
令和2年度あかね会活動の自粛について(PDF)